[禁煙のコツ] タバコを945円でキッパリ止める方法 [コスパ最強]

禁煙 コツ 生活

2010年のタバコの増税を気に禁煙を決意しました。
高い税金を払っているのに喫煙所はどんどん少なくなり、肩身の狭い思いをしながらタバコを吸うのが嫌になりました。
今現在までリバウンドすることなく禁煙が続いていますので、本日はその方法をご紹介したいと思います。

2018/06/27(追記)

この記事を最初に書いた時は2013年でした。
2010年に喫煙してから2018年の今日まで8年間、一度たりともタバコを吸っていません
今ではもうタバコを吸いたいとも思いません。
一日一箱半吸っていましたので、当時のセブンスターの1箱440円のレートで換算すると
今日まで8年禁煙が続いていますので、

440円 * 1.5箱 * 365日 * 8年 = 1,927,200円

200万円ちかくのお金が浮きました!
正直自分でも今計算してびっくりしています。
近々、自分へのご褒美になにかそれなりのものを買いたいと思います。

photo credit: Silvia Viñuales via photopin cc

以下は2013年当時の記事です。
タバコの金額等は当時のものです。


今はセブンスターが440円もするんですね!
僕の場合、一日一箱半吸っていたので、

一日で660円!
一ヶ月で19,800円!
一年で237,600円!

かかってしまいます。これって冷静に考えるとかなりの金額ですよね。
基本給を2万円上げることがどれだけ難しいか。

今回ご紹介する方法について

最初に断っておきますが、今回ご紹介する方法では高い情報商材など一切利用していません。
禁煙外来も利用していません。
かなり、コスパのいい方法です。

特に難しいこともなく、なんなら今の今から始められます。
一冊の本と一個のアプリ、そして自己を上手くモチベートする。
それが、この方法のすべてです。

スポンサーリンク

禁煙術 一つ目のコツ

禁煙で浮いたお金で自分へのご褒美を

ご褒美 プレゼント

こどものころ、今度のテストで○点とったらとか、今度の成績がこれだけ上がったら、何かをご褒美に買ってもらったりしませんでしたか。

今学期の成績が上がっていたら、ファミコンのソフトを買ってもらうだとか。
あっ、この例え古いですかね?すみません。ファミコン世代なもので…

photo credit: JD Hancock via photopin cc

ヘビースモーカーほど効果のある禁煙術

モデルケースとして、一日一箱半吸う人で考えてみましょう。
セブンスター一箱440円ですので、一日一箱半で660円、一年で240,900円、一ヶ月約二万円ですね。

禁煙なんて最初の一ヶ月乗り切れれば、もう怖い物はありません。
では、最初は一ヶ月の禁煙を目標に開始しましょう。
ここでのご褒美は一ヶ月禁煙が続き、節約できたタバコ代の二万円です。
そうです、一ヶ月禁煙できた暁には2万円分のご褒美を買いましょう。

僕の場合、万年筆を買いました。
あれ?amazonだと今では、2万円もしないのですね。
店頭で買ったときは2万円台でした…

そうです。この方法はヘビースモーカーほど、ご褒美に高額な物が買えるのです。

それだけで禁煙が上手くいくなら誰も苦労しない!

そのご意見はごもっともです。
ご褒美作戦だけで禁煙に望むのは、ジャージで冬の富士山に登るようなものです。
これから説明する方法を上手に組み合わせて、相乗効果で禁煙を成功させましょう。
それでは、レッツ禁煙♪

禁煙術 二つ目のコツ

本の力を借りてモチベーションアップ!

禁煙を決意したのはいいですが、それまで一度も喫煙をしようと思った事が無かったので、非常に不安でした。
開始するにあたり、それなりの心構えが欲しかったのです。
少し調べるとこの禁煙セラピーという本の評判が良かったので、読んでみました。

お勧めです。読むだけじゃだめだけど、ちゃんと理解して反芻すれば絶対にやめられます。
この手の本は多々ありますが、本を読み始めた直後に「なんでこんなものを吸っているんだろう」と何か不思議な感情になったのはこれが初めてでした。
本書では、なぜやめるのか?ではなく、なぜ吸う必要があるのか?にフォーカスしています。
吸う必要は、、、ないですよね。
今日で4日目の禁煙です。
禁断症状が一番ひどかった2日目に、震える手で読んだあの一行を私は忘れません。
「その一本を吸わなかったからといって何が起こるのですか?」

本気でやめたい人にはお勧めです。

正直、最初はそこまで本気で読むだけで止められるなんてあるわけないと思いながら、半信半疑で読み始めました。
ただ、ちょっと禁煙しようかなと思って、この本を手にしただけだったのですが、あれよあれよと気づいたら、結果的に禁煙に成功してしまいました。
禁煙に成功したのはこの本だけの力ではありませんが、今にして思えば、やはり最初にこの本を読んで禁煙に立ち向かえたことで、うまく乗り切れたんだろうなと思います。

椎名林檎さんも禁煙セラピーを読んで禁煙に成功

歌手の椎名林檎さんもこの本を読んで禁煙に成功したようです。
元記事は無くなっているようですが、こちらのブログなんかでも挙げられています。

椎名林檎、禁煙 – ネタフル

禁煙術 三つ目のコツ

アプリケーションの力を借りてモチベーションアップ!

禁煙中は何度ももう禁煙を止めてしまおうかと思いがちです。
そんな時はこんなアプリがあります。

卒煙式:http://sotsuen.jpn.org/

禁煙 アプリ

ちなみにスクリーンショットは僕の現在の状況です。
60万円も節約できましたか!

これは禁煙期間にどれだけお金を節約できたか、どれだけ肺が綺麗になったかを教えてくれる素晴らしいアプリです。
このアプリの一番素晴らしいところは自分が吸っていたタバコの本数と値段を入力するのですが、禁煙の経過とともにタバコ代をいくら節約できているかを教えてくれるのです。
禁煙に対するモチベーションが下がってきてもこのアプリを起動するとこんなにお金が節約出来ているのかと思うともう少し続けようかなという意欲が沸いてきます。

禁煙術 四つ目のコツ

タバコを買うという行為にハードルを設ける

さて、本を読んだし、アプリケーションも入れたし万全な体制だ!
しかし、念には念を入れましょう。

これまであなたは準備万端で禁煙に臨んでいます。
しかし、喫煙への欲求は容赦なしにやってくるのです。
そんな時に誘惑に負けてタバコを買ってしまう事が一番怖いので、タバコを買う行為にハードルを設ける事で対応します。

まずは、当たり前ですがタスポはサクッと切って捨ててしまいましょう。ライターも処分しましょう。
しかし、タスポが無くてもコンビニなどで買えてしまいます。
これは普段財布に入れておくお金を最小限にとどめることにしました。
具体的には僕の場合、平日は会社にいるため、必要なのは昼飯代と飲み物代だけですので、その分だけしか財布に入れないことにしました。
やはり、最初の一週間は厳しいです。何回かタバコを買いに自動販売機にも行きましたが、先のような準備をしているため、タスポもお金もないので買えません。
これは結構重要です。吸いたくなってもう禁煙なんて止めてタバコを買ってしまおうと思っても買えないのです。
僕の場合はその期間は禁煙パイポとガムで何とかやりすごしました。

禁煙術 最後のコツ

最大の敵は飲み会だ!

禁酒 禁煙

禁煙中の飲みの誘いは最大の敵です。お酒を飲みながらのタバコは美味しいですよね。
僕は最初の一ヶ月間の飲みの誘いはすべて断りました。この期間は家で独り飲みをして耐えに耐えました。

photo credit: Dustin Diaz via photopin cc

何だかんだで、最後は己の力です

禁煙 自己の力

僕は仕事中は一時間に1回はタバコを吸ってました。一度吸いに行けば5分から10分くらいかかりました。
それが禁煙を始めると休憩に行くタイミングと休憩をどう過ごすかが、分からなくなります。
僕の場合は会社の最寄りのコンビニまで歩いて行き、その周りでスマホでネットをして時間をつぶしてました。
休憩の間隔はいまでは2〜3時間に一回くらいでしょうか。おかげで、仕事の集中力が続くようになりました。

photo credit: happeningfish via photopin cc

こんな感じで続けていると…

禁煙 成功

いつのまにか3年間禁煙を継続中です。と言うより、もう吸いたいとは思いません。
と文章にかけば簡単なようですが、途中何回もくじけそうになりました。その度に先の卒煙式というアプリで日々増え続けていくもし、タバコを吸っていた場合にかかった金額を見ることで、何とか堪え忍んでいました。
タバコが大幅に値上げされたおかげで、この節約できた金額が結構な額になるんですよね。

みなさんも是非、

1ヶ月19,800円!
一年で237,600円

稼いでみませんか(厳密には節約ですが)!

3年もやっているとその金額は、なんと!
60万円以上
になるので、かなりいい時計でも買える値段ですね。

photo credit: Leonard John Matthews via photopin cc

最後に

結局のところ、大事なのはモチベーションの維持なのです

禁煙を始めると何度も、こんなストレスが溜まるのなら、いっそ禁煙なんて止めた方がよっぽど健康にいいだろうと思いがちです。
しかし、つらいのは本当に一時だけなのです。その一時さえ、乗り越えられれば、禁煙できるのです。

大事なのは本当にモチベーションを維持することに尽きます。
ヤニ臭い自分を想像してください。歯が黄色い自分を想像してください。
タバコ一箱は500円でおつりが来る金額ですが、それを一ヶ月、一年買い続ける金額を想像してください。
タバコを一日一箱半吸う人だと、一年で24万円です。一ヶ月2万円です!

最初に禁煙の動機付けで、高い時計を買ってしまうというのも手かもしれませんね。
後に引けなくなる状況を作るのも一つの強引な手ですが、モチベーションの維持にはつながります。
あっ、これはもちろん自己責任でお願いいたします。

それでも吸いたくなってしまったら?

タレントのタモリさんの禁煙方法をご存じですか?

これはとても簡単な禁煙術で、

『タバコを吸いたくなったら15秒数える』

たった、これだけです。

タモリさんはかつて、1日3箱も吸うヘビースモーカーだったそうですが、禁煙しようとした時に、

『人がタバコを吸いたいという欲求は15秒も続かない』

ということを人から聞き、その方法のみで禁煙に成功したそうです。

以上になりますが、ここで挙げた方法はすべて単純で、お金もかからない方法です。
みなさん、是非、気軽に禁煙にチャレンジしてみませんか。

コメント