買ってよかった。赤ちゃんもペットも喜ぶ、松浦弥太郎さんも愛用する石けん

マジックソープ 赤ちゃん 生活

松浦弥太郎さんの書く、モノについてのエッセーが好きで何冊も読みました。
その中で何度も登場するモノがあり、自分でも買ってみました。

スポンサーリンク

Dr.Bronner’s(Drブロナー) マジックソープ

Drブロナー マジックソープという液体石けんです。

オリーブオイル、ココナッツオイル、ヘンプオイル、ホホバオイルなどの天然素材だけで配合した石けんです。
USDA(アメリカ合衆国農務省)認証オーガニック製品です。

日々の100 – 松浦弥太郎 より

松浦弥太郎さんのエッセー日々の100ではこのように紹介されています。

そうやって他人の家を泊まり歩いていて、たまたまなのかどこの家のバスルームにも置いてあったのが、マジックソープだった。ヘアシャンプーであり、シャワージェルでもあり、食器洗いにも使えると聞いて驚いた。しかもケミカルな材料を一切使っていないナチュラルソープであることに更に驚いた。

ちなみにこの本はスタンダードで、トラディショナルで、上質なものを愛する松浦弥太郎さんならではの、普段使いする日用品がたくさん紹介されていて、おすすめです。
松浦弥太郎さんの透明感のある文章でそのモノへの思い入れを語られると、ついつい自分も使ってみたくなります。

マジックソープを使ってみて

僕がマジックソープに強く惹かれた点は、身体を洗う用途はもちろんのこと、髪も洗え、食器も洗えるという万能です。
「これは!」と思い、読んだ次の日には買いに行きました。

実際に使ってみると、その香り、洗った後の肌のサラサラ感をすっかり気に入ってしまい、それ以来、ボディーソープ、シャンプーとして愛用しています。

歯磨きにも使えるようですが、僕はまだ試していません…
口に入れられることを例にとってもマジックソープが安全なナチュラルソープであることを物語っています。
さらにはケミカルなモノを一切使用していないため、赤ちゃんからペットにまでも使えてしまうのです。
それでいてしっかりと汚れも落とせる実力の高さゆえ、本国アメリカでも売れているのでしょう。

マジックソープの選び方

お気に入りが見つかるまでは小さいサイズで

リキッド/固形、ボトルの大きさ、香りと種類が豊富ですので、小さいサイズ (236ml) の液体のものからお試しする事をおすすめします。
何本か試した後に自分の好きな香りを見つけたら、大きいボトルを購入するのが良いかと思います。

おすすめの香り

先の日々の100で、松浦弥太郎氏がアーモンドの香りをおすすめしていましたが、僕もアーモンドの香りが一番好きです。
注意しなければならないのはこの香りは、アーモンドの香りとして気に入ってるのではなく、ほのかに杏仁豆腐の香りがするのです。しかし、その香り具合が絶妙でとても気に入っています。
次点でユーカリか、シトラスオレンジが気に入っています。

危険な香り

ペパーミントをつい最近使ってみたのですが、これはかなりスースーします。
おそらく、想像以上にきます!
COOLなシャンプーの強力版といったとこでしょうか。
夏は良いかもしれませんね。

赤ちゃんペットにはこちら

無香料がお好みな方はベビーマイルドが無香料になります。
無香料で敏感肌にも良いので、赤ちゃん、ペットにはこちらがおすすめです。

マジックソープの使い方

薄めて使う

僕はアメ横でマジックソープを良く買っているのですが、そこのおばさんいわく、薄めて使った方が良いとのことでした。
洗浄力が高いので薄めて使っても十分な効果が期待できるようです。

濃度についてはお好みだと思いますが、僕はだいたい水1に対し、マジックソープを1〜2くらいに薄めて使っています。
薄めても泡立ちも良く、まったく洗浄力に影響はないです。
原液が結構濃いめなので、薄めて調整して使った方が、人それぞれの肌質に合ったものになるのではないでしょうか。

オーガニック商品はともすれば普及品よりも割高なイメージがありますが、薄めて使えるマジックソープはコスパも良いです。

マジックソープが真価を発揮するとき

さらにマジックソープは洗濯にも使えますので、旅行や出張の時には特に重宝します。
これ一本あるだけで、ボディーソープ、シャンプー、食器洗い、洗濯とヒトからモノまで全て洗えてしまうのです。
女性の方でしたら、クレンジングにも使えるようです。

とにかく洗うということに関しては、これ一本あれば事が足りてしまう、万能石けんです。

コメント